2018年02月05日

奄美良いとこ一度はおいで

1月の第2週に3泊4日で、奄美大島に行ってきました。
3¥冬場のWSスポットとして、石垣、小浜、沖縄、与論島などがありますが、奄美もその有力な候補です。
今後、冬のウインドトリップを計画している人は、是非とも候補の一つに挙げてください。
幸い、来月プロのスラロームの大会が開催されるので、行かれる人も多いでしょう。

27072799_1446538435472694_1465367789825248652_n


ここでは基本的には、1か所でウインドするのではなく、レンタカーを借りて、コンデションに合わせて移動すると言うウインドパターンをお勧めします。。
冬型が決まれば、北からの風でほぼギャランティーになります。例年だと11月後半から3月初旬にかけて。
又、関東が梅雨入りした時は、いわゆるカーチベーと呼ばれる南風で、6月中旬から7月中旬です。
暖かいカーチベー(奄美の人は別の呼び方をする)の時も又行くつもりです。

何故奄美が良いのか?

1.なんと言っても飛行機代です。成田〜奄美や大阪〜奄美等をバニラエアーが飛んでいてます。
ちなみ現在わくわくバニラSaleをやっていて、2月6日〜10で検索したら、成田〜奄美往復が、なんと往復¥3,980-でありました!
下手すると、鎌倉から成田へ行くよりも安いです。
奄美レギュラーに聞くところによると、関空から片道,ナント¥980-もあるそうです。
取りあえず下記を検索してください。勿論JALも飛んでます。うちの場合は、海外出張が多いので、JALのマイレージを使ってのトリップでした。

https://www.vanilla-air.com/jp/…

2.レンタカーは必需品ですが、移動することにより、様々なコンデションが楽しめます。特に、ウエーブを楽しみたいと言う人は海族塾をベースにして、対岸をお勧めします。
対岸と言っても500〜600m位しかなく、ウインドで5分で到着します。まず、人がいません。風上に行くにつれて、波は大きくなりますが、海族塾対岸では特にウエーブ初心者にお勧めです。
これはSUPでWaveをトライしたいと考えている人にもお勧めします。
空港から、北側のウインドスポットは、全て20〜30分前後で移動できます。

3.タイドに左右されない。
石垣のクラブメッドを始め、多くの場所は潮が引きすぎてどんなに良い風が吹いていても出られない時が多々あります。
奄美は、99%そのような心配をする必要がありません。もし、引きすぎていた場合は、単純に他の場所に行けばよいのです。
ちなみに、海族塾前は全く問題ありません。

DSCN4013


27540440_1446538595472678_4741726180243543167_n


4.宿代がリーゾナブル:
今回、私が泊まった所は南側のばしゃ山村ですが、1泊朝食付で¥7,000-位です。他にも民宿やコッテージ、テント村等もっと安い所も沢山あります。
ちなみに、今回プロが泊まるカレッタハウスは、高級で通常はもう少し高いかもしれません。

27337088_1446539598805911_4812651621302027627_n


26993379_1446539682139236_3855251047546601027_n


5。いろいろなコンデションが楽しめる:
ギンギンにハードにウインドしたい人よりも、最もお勧めはウエーブをやってみたい、フリースタイルに挑戦、スピードスラロームで記録出したいというようなウオータースタートは出来て次のステップアップにをしたいというような人にお勧めします。
何故かと言うと、それらに最適で混んでないスポットが沢山あるからです。
それ以上に、風がもし無い時のアクティビティも沢山あります。お勧めは少し南に行ったマングローブ林のカヌーツアーです。又、SUP Waveもポイントが沢山あります。
殆どのスポットは誰もいません。よって気にせずに練習できます。
車で40分位で、充実したナイトライフもあるみたいです?

次は、関東が梅雨入りしたころの6月中旬から7月の初旬ごろです。風は少しメロウになりますが、5.0〜5.7位。暖かい南風が前線に向かって吹く、カーチベーの時期です。(奄美の人はカーチベイと呼ばない)
南だと、今回宿泊したばしゃ山村ホテル前も、右からのサイドオンになって、ウエーブも楽しめるそうです。但し一部浅い所もあるので、必ずビーチボーイの人に当日のコンデションを聞いてください。

勿論、カーチベイ時にはカレッタハウス前、マゼ前、海族塾前も、最高のスラローム/フリーライドゲレンデとなります。

DSCN4038


27072394_1446538958805975_7900785664040241235_n


26992419_1446538655472672_3143081913491925239_n


DSCN4041


6.飯や酒がうまい:
これは他のスポットにも上手いものは沢山あるとまると思いますが、奄美の食の名物は鶏飯です。又、魚貝類もおいしいです。見た目は熱帯魚見たいでも食べるとおいしいモノが沢山あります。
ちなみに、魚影は非常に濃く、6月の時は僕も是非ともトライします。
酒は、黒糖焼酎がお勧めです。奄美産のものが多々ありますが、特に島のナポレオンがおいしかったです。

26993410_1446539332139271_2045478289879659940_n


7.奄美は注目されている:
奄美大島は、現在とても注目されてます。まず、NHK大河ドラマの西郷ドンのゆかりの地だそうです。過去の例ですと大河ドラマの場所になったところは、必ず観光スポットとして有名になるそうです。

27067787_1446539462139258_9050227456157366654_n


又、このあたり一帯は、来年の世界遺産に指定されそうだそうです。
観光客が来ると言う事は、経済が活性化して、地元に潤いを持たせ、最終的には我々にも恩恵があると言われてます。オフシーズン(冬場や梅雨時)は、チケットやホテルがより安くなる可能性があるそうです。

8.奄美の人脈:
奄美のウインドを広めようと努力している人がいます。その人たちのおかげでウインドができると言う事を忘れないで下さい。

DSCN4062


高井さん:
奄美のドンと言えば、海族塾のオーナーの高木さんです。奄美に行ったら一度彼に挨拶に行くことをお勧めします。又、時期的に良いスポットや入ってはいけない場所も親切に教えてくれます。
彼は、サーファー艇時代からに人で、今から10何年前にウインドサーフクラブと共催して、与論島ツアーを企画した仕掛け人です。
彼のもとの本業は、広告代理店にいて、大きなイベントの仕掛けは得意な人です。又、地元の会社の社長とも交流が沢山あります。

DSCN4058


小川君:
彼はもとハイ・ウインドの編集人で、昔は、取材だと称して、鎌倉のうちの前で平日よく乗ってました。その後は、波伝説に勤めていて、気象予報士です。
現在、彼はisland watchと言う独自の風情報を運営してます。iphone限定アプリで月額¥120だそうです。
今回も彼の予報で11〜13日はギャランティーと言うのでして、飛行機を予約しました。まあ、この風速ならば、4.5位かなと思っていたら、3.7オーバーでした。
ナイトライフに関しては彼に聞けば全て教えてくれるそうです。

26993842_1446539892139215_7376220831904455077_n


冨永さん:
カレッタハウスの南側でショップ・マゼと言うウインドショップを経営してます。
彼は、その昔、浜松に「手のまめ」と言うウインドサーフィンショップがあった頃、そこのインストラクターだった人です。ボードの修理も完璧にこなしてくれます。

27336574_1446540288805842_4731255185984570421_n


9.奄美の難点:
全てが良いばかりではありません。まず、上記の人たちに聞いたところ、ローカルの人たちは我々内地から来たものを良く思っていない人もいるそうです。
又、奄美は1級の漁場であり、大きな魚が湾内まで入ってくるそうです。そのような場所/時期にはウインドやSUPは歓迎されないかもしれません。
ところで、この奄美は、かの松方弘樹が300kgの本マグロを釣り上げた場所です。僕も次はカーチベイの合間を見て出るつもりです。
取りあいずは、SUPで熱帯魚を釣る?熱帯魚と言っても50cm以上あり、これがまたウマイ!

いずれにせよ、ウインドトリップに行かれた時には、ルールやマナーを守って、トラブルを起こさないように行動してください。

風ですが、冬型が決まれば吹きますが、沖縄や石垣が5日吹いたら奄美は3〜4日だそうです。まあ、風が無い時は、SUPやマングローブでカヌーのツアー等と割り切って下さい。

意外に寒い。鎌倉がドライでグローブの時は、奄美は3〜4mmのフルが必要です。でも水が暖かいので、どんなに寒くてもブーツやグローブは必要ありません。
ちなみに、この時石垣ですと、多分ショートジョンかシーガルでOKでしょう。

どうですか、奄美!
今後も、色々な場所を紹介していきますので、宜しく。

windsurfing_japan at 17:27|PermalinkComments(0)clip!社長 

2017年12月22日

<年末年始営業日のご案内>

ol


あっという間に今年も残すところわずかですね。

今週末はいよいよクリスマスを控えていますが、もうお正月の準備を進めてる方も少なくないと思います。
今年はみなさまにとってどんな年でしたか?


さて、弊社の年末年始の営業日のご案内です♪

年末は2017年12月27まで営業いたします。

出荷は27日の正午までとなりますので、ご了承下さい。

年始は2018年1月9より通常通り営業いたします。



忘年会シーズン真っただ中!また、あっという間に新年会です(笑)

宴会の景品・商品にもおススメなアイテムがたくさんございますので、ぜひご注文お待ちしております♪


それでは今週も素敵な週末を!

windsurfing_japan at 12:26|PermalinkComments(0)clip!スタッフ AYA 

2017年12月04日

<RRDライダーの快挙!>

Antoine Albeau and RRD



「RRD」のライダー「ANTOINE ALBEAU」。
先日ニューカレで行われた大会で勝ち、年間総合優勝にも輝きました。
過去6年で5回の総合優勝です!
来年もRRDライダー達の活躍が期待しましょう♪
又、RRDのX-Fireはコンストラクター部門も優勝しました。
新しいX-Fire v10がより速くなるために、ここで止まることはありません。
今後のRRD製品からも目が離せませんよ!
まだ乗ったことのない方は、ぜひ乗ってみてくださいね♪


http://www.windsurfing-japan.com

windsurfing_japan at 12:02|Permalinkclip!

2017年10月20日

ウインドサーファー艇が復活します!

先日、弊社のFacebookにニュースを載せたところ大反響があり、今まで一番のアクセス数とコメント数があり、現在話題になっておりますこのニュース。

「ウインドサーフィンの原点、ウインドサーファー艇が復活します!」


surfur艇_1


詳細は、16日発売のウインドサーフィン・マガジン誌に掲載されます。
以下、弊社代表の三木がfacebookに載せた内容をご紹介します。

写真の説明:
surfur艇_2


surfur艇_3


全体:アウトラインは、幅広エリアを増大。
ノーズにはあのウインンドサーファーレインボウカラーを採用。フル収納のダガーボード。

surfur艇_4


ダガーボードカバーを装着。

ボトム:ボトムはvダブルコンケーブにした。昔のファナティック・ウルトラキャットも採用していた。vダブルコンケーブは、ノンプレ状態で波切りが良いように感じる。微風で上りも安定する。フルフラットと比べてボードが安定する。

surfur艇_6


デッキ周り:
新しいダガーボード。ダガーの取り付けは、両サイドのプレートでネジ止め。この方法は簡単にはダガーは取り外せないけど、ボードの製造が楽=価格が安くできる。又、ダガーボードカセットのトラブルが殆ど皆無。

surfur艇_5


デッキのでっぱり:ブルース・ワイリーの考案。当初。僕はフットストラップの採用を提案したが、重くなる。邪魔。微風で必要ない。サーファー艇のコンセプトから外れる。などの理由によりフットストラップは止めた。代わりにこのでっぱりだが、強風時に足を置くと踏ん張れるそうだ。まだテストしてないけど。
SUP KIT +Fin:
時代の流れでSUPもできるは必要不可欠。ダガーを外し代わりに2枚のプレートをネジ止めする。前のプレートはハンドルグリップ。後ろは塞いでフルフラットになる。

surfur艇_7


SUP KIT:
2枚のプレート。標準で付いてくる。
ボードスペック:
全長:366cm(旧サーファーと同じ)
最大幅:74cm(6cm幅広)
ボリューム:229L(旧サーファーは175L)

このボードのコンセプト:
何故、今更サーファーなの?と言う声も大いにあるかもしれない。でも、私はあえて社運をかけてそこに挑戦する。
今こそサーファーなのである。サーファー艇時代を知っている人は、やはりあの時は良かったね。と言ってくれる人も沢山いると思います。特にサーファー艇時代を経てショップのオーナーになった人達は、フリートの楽しさ(ショップ単位でない)や微風でも普通にレースする事があたりまえだった時代を知ってるはずです。
ショップ/スクール方々へ:
まず、スクール艇に採用してもらいたい。微風の上りが練習できます。ダガーボードを使って帰ってくる感覚を初心者の人に是非とも習得してもらいたいのです。短くてチョー幅広の昨今のスクール艇では、この感覚が掴めません。
中/上級者のレンタルもあるかもしれません。

次に、昔、ウインドサーフィン=サーファー艇、してきた人たちに再びウインドしてもらいたい。多分その人たちは、今、50代〜60代だと思われます。今はやりのSUPも問題なくできます。

そして、バリバリの現役諸君!今まで、風が弱くて出なかった時にこそ、フリートレースをしましょう!(でもパンピングはダメです。)フリースタイルもありです。

海外に目を向けると、「やはりサーファー艇が一番良い/また乗りたい」と言う声が、サーファー艇の誕生から50年近くたった今、再び起こっています。特にヨーロッパ/イタリアとオーストラリアで、熱狂的なサーファー艇ファンが生まれてます。
来年、イタリアで世界選手権を!と言う話ももあります。
実現するかどうか解りませんが、マット・シュワイツアー、マイク・ワルツ、ロビー・ナッシュ、ケン・ウイナー、等を呼ぼうと言う声もあります。そしたら、行く人いますか?

ーホワイトボードプロジェクトー
ここで重要なのは、ホワイトボードコンセプトです。
ワンデザインの面白さ、楽しさは沢山あります。しかし、製造メーカーが一社だけだと、それ以外のメーカーにとっては、蚊帳の外になってしまいます。
つまりワンデザインは良いけれど、ワンメイクでは普及しないと言うのが僕のセオリーです。
実際、オリンピックや国体等、大きな大会の開催を知らないし、目指さないウインドサーファーも沢山いるのです。これではウインドはけっしてメージャーになれない。
その事を、昔サーファー艇で戦った仲間で、現在はボードメーカーを経営している人たちに事ある度に説いていました。
その中で、賛同してくれた人たちに、ブルース・ワイリー(現コブラ社副社長)、グレッグ・ジョーンズ(オーストラリアでウインドサーフィンショップを経営)、ロベルト・リッチー(RRD)等がいました。
そこで、コブラでモールドの製造をブルースに提案したのです。価格をおさえるワンショットの工法です。
幸いコブラは、数多くの世界中の有名なウインドサーフィンボードをOEM製造してます。
又、多くのブランドの社長やジェネラル・マネージャークラスは、昔サーファー艇に乗っていた人が沢山います。
ホワイトボードプロジェクトとは、共通のモールド(コブラ製)を使って、興味があればそのモールドを使って、それぞれのブランド名で販売する方式です。
つまり、実際に出るかは別にして、RRDブラントのサーファー艇(イタリアンレッド?)、ナッシュやStar、ファナテック、ミストラル等のブランドのサーファー艇が今後共存する可能性があります。
カラーやロゴマークは異なっても、全て同じモールドから生まれた、同じ工法のサーファー艇になるのです。
そんなウインドサーフィンが誕生する事って、とても楽しいと思いませんか?
全く新しいウインドサーフィンなのです!!!!


windsurfing_japan at 13:45|PermalinkComments(2)clip!スタッフ AYA 

2017年10月06日

<プレス情報♪>

10月に入り、いよいよ秋がやってきた気配を肌で感じるようになりました。

楽しかった夏ですが、秋は食に行楽に、楽しめるものがいっぱいですよね♪今週末は早速連休でもありますし。

さて、本日は雑誌掲載のご紹介です。

いつもお世話になっておりますSUP愛好家達の愛読書「BLADE」Vol.11です。

clip_image002


今回は、冒頭で、SUPレースシーンの王者 トラビス・グラントが取り上げられていて、素敵な家族写真とともにインタビューが載っています。また、先日開催された「THE MOLOKAI 2 OAHU」のイベントレポートが載っています。

clip_image004


clip_image006


どちらも弊社代表の三木がインタビュアー・文を担当しております!!

トラビスの魅力がたっぷりと伝わる内容と、最高峰のレースを間近で観戦してきたからこそ書けるレポートを存分にお楽しみいただけると思います!


また、弊社で新しく取扱の始まったブランド「Scotty」の紹介も「釣りにほえろ!」のコーナーに載せて頂いています。

clip_image008


もちろん他にも盛り沢山の内容になっておりますので、ぜひお手にとってご覧になってみてくださいね♪

また、今回取り上げていただいたScottyはじめ、その他の商品の在庫確認等、お気軽にご連絡下さい。

windsurfing_japan at 13:45|PermalinkComments(0)clip!スタッフ AYA 

<「熊野SUPマラソン2017」トラビスがやってくる!>

先日もお知らせしましたが、第7回熊野シーカヤックマラソン&熊野SUPマラソン2017が10月29日(日)に開催されます!

clip_image002


会場:三重県熊野市新鹿町

開催日:2017年10月29日(日)



去年はスケジュールの都合で来日できなかった世界王者トラビス・グラントも、今年は家族とともに参加します!!

clip_image004


clip_image006



それに伴い、大会前日の土曜日はトラビスによるクリニックが開催される予定となっております。

詳細など、お問い合わせは株式会社オンズカンパニーにご連絡ください。

世界王者が親切・丁寧・熱心に教えてくれる大変貴重な機会です♪

clip_image008



また、レース以外にもイベントが盛りだくさんなこの大会。

各社ブースも出ます。NSPの最新モデルも試乗していただけますよ!

ぜひ乗ってみてください♪


clip_image010


そして!毎回大盛り上がりの前夜祭では、先日ハワイで開催されたM2Oの写真のスライドショーを予定しています。優勝したトラビスと撮影者のカメラマンである紅林さんとともにその時の様子などお話を伺いながらご覧いただけます。なんてスペシャルな企画でしょう!!必見ですよ!!


がしかし!!

エントリー締め切りが10/6(金)となっております!

そう、本日なんです!!



詳しくは下記大会HPをご覧ください♪

http://kumanosea.wixsite.com/atashika



熊野の大自然と地元の温かいおもてなしを楽しみに、ぜひご参加されてみてはいかがでしょう?



さて、みなさまのショップ様でも開催されるレースなどたくさんあると思います。

大会告知などお手伝いさせていただきますので、ぜひぜひ情報をお寄せ下さい♪

大会・イベント、みんなでたくさんSUP業界を盛り上げていきましょー!!



さてさて、3連休!前半はいまいちですが、日・月はお天気良さそうですね。

今週も素敵な週末をお過ごしください♪

windsurfing_japan at 13:11|PermalinkComments(0)clip!スタッフ AYA 

2017年08月18日

<新商品ScottyのHP完成!!>

先日お伝えしましたが、弊社が新しく取り扱いを開始したカナダのアウトドアー用品「Scotty」
そのHPが出来上がりましたのでご案内させていただきます♪
http://www.windsurfing-japan.com/scotty/index.html

scotty-newlogo

Scottyは、カナダ・バンクーバーのルアー/フィッシュング用品会社としてスタートし、近年パドルボード用アウトドアー製品にも力を入れてます。NSPのインフレータブルや一部のツーリングモデルには、Scottyの全てのパーツが取りつけられるように、予めScotty用の台座が取り付けられてます。StarやNaish等、他のボードにもこの台座が付いているものがあります。

2017_Outdoor_Catalogue36のコピー


Fisherman_Side_view_With_Text


Scottyのラインナップは、バラエティに富み、あらゆるニーズに対応しています。また、全てのプラスチック製品はライフタイム・ギャランティーとなっており、お客様には安心してご使用いただけます。

従いまして、今後、SUPやカヌーの釣り用途には、Scottyのニーズが広がると思われます。

お問い合わせ、ご注文ドシドシお待ちしております♪
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

お盆も終わり、夏も後半戦に突入!
全国的にお天気はいまいちな様ですが、なんとか残りの「夏」を少しでも満喫したいですね。



それでは、今週も素敵な週末をお過ごしください♪



windsurfing_japan at 15:05|PermalinkComments(0)clip!スタッフ AYA 

2017年08月04日

EVENT NEWS<「MOLOKAI 2 OAHU」2017トラビス制す!>

10001523_10153970018950525_924496959_n


先日、開催のお知らせをさせていただいた「MOLOKAI 2 OAHU」!

7月30日に無事開催されました!

IMGP2341

 
当日早朝、参加者・スタッフ・関係者などそこにいる多くの人による「祈り」から始まり、選手たちは長時間の戦いの場となる海へ出て行きました。

NSPチームからはTravis GrantやTitouan Puyo始め、多くの選手が出場し、日本からも出場選手が集いました。

IMGP2394


今回、弊社代表の三木も現地入りをして、写真右側の船からレースを観てきました。大会開催の模様、詳細はまたお知らせできればと思っています。

IMGP2429


IMGP2427


そして、今回この大会をTravis Grant(写真左)が制し、3位にはT2(写真右)ということで、

NSPライダーが大活躍しました。


M2O_newspaper


現地の新聞でも喜びのポーズで紙面を飾りました。

IMGP2421


また、日本人で国内外のレースでも活躍する村林TOMO選手もクラス別の表彰台に乗りました!

おめでとうございます!!


選手の皆さま、サポーター・スタッフ・関係者の皆さま、お疲れさまでした!

来年の開催もまた楽しみにしております!!



windsurfing_japan at 16:05|PermalinkComments(0)clip!スタッフ AYA 

2017年07月28日

夏期休業日のお知らせ

slideshow_home01


お天気の悪かった日々を抜け出し、夏のような日差しが戻ってきました。
が、いくつか台風の気配があり、今週末からは影響が出始めるところもあるようですね。
天候・安全には十分お気を付けになり、夏をお楽しみください♪

さて、夏期休業日のお知らせなんですが、誠に勝手ながら弊社では、8月11日(金)〜8月16日(水)を夏期休業期間とさせていただきます。8月17(木)より通常営業をさせていただきます。
出荷は10日12時までとさせていただきます。

皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。



windsurfing_japan at 13:56|PermalinkComments(0)clip!スタッフ AYA 

2017年07月21日

EVENT NEWS<「MOLOKAI 2 OAHU」2017開催目前!>

今年もこの季節がやってきました「MOLOKAI 2 OAHU」!

10001523_10153970018950525_924496959_n


世界各地で開催される大会の中でも最も権威のある、最も過酷といってもいい大会として、多くの人に知られているこの大会が、7月30日に開催されます。

NSPチームからはTravis GrantやTitouan Puyo始め、多くの選手が出場します。
\(Alexandre Bicrel、Harrison Deisroth、Vincent Verhoeven、Paul Jonesy)

また、日本からもSUPとパドルボードあわせ10人近い選手が出場予定で、弊社がOverBoard・CAMELBAKでサポートさせていただいている村林Tomo選手も出場されるということで、応援しています。

大会開催の模様、結果など、またお知らせできればと思っています。
大会の成功をみんなで祈りましょう!!

また、日本でもこれからの季節、各地で様々な大会が開催されることと思います。
弊社にお知らせいただければ、HPやメールニュースfacebookなどで情報配信させていただきますので、イベント情報をドシドシお寄せ下さい♪お待ちしております!



windsurfing_japan at 14:21|PermalinkComments(0)clip!スタッフ AYA 
過去の記事
QRコード
QRコード