2016年12月02日

「2016 IRIOMOTE SUP FESTIVAL」リポート!

今年も沖縄県の西表島で開催された「2016西表SUPフェスティバル」

2016ISF集合写真


その大会の素晴らしさを実感し魅了された参加者が人を呼び、開催ごとにどんどんと出場者が増え続け、エントリー開始からほんの数日で締切になったというほど、今や国内で開催されているレースの中でも人気ランキング上位に入るのではないかという大会です。
弊社も微力ながら今年もご協力させていただきました。

2016ISF協賛パネル


2日間に渡って開催される今大会。今年の参加人数は、26日に開催のチャンピオンシップレース73名・チャレンジレース86名・ビギナーレース20名・キッズレース8名・チームリレー45名、27日に開催のダウンウインドレースは72名と最南端で行われるレースなのに多くの参加者で賑わいました。

その魅力は、なんといっても西表島の大自然をたっぷりと味わうことのできるレースと、運営に携わるスタッフの皆さんや地元の方の温かいおもてなしの数々です。

2016ISFキッズレース


こちらはキッズレースの模様。とはいえ、大人顔負けの漕ぎを見せる選手から、小さな体で必死で漕ぎ続けるこれからが楽しみな選手まで、レベルは様々ですが、他の大会より参加選手のレベルが高い気がしました。
ビギナーレースに参加の選手もみなさんとにかく楽しそうに漕いでる姿が印象的でした。

2016ISFチャレンジスタート


3劼離船礇譽鵐献譟璽垢肋し風の吹く中、河の方でのレース。浅瀬にはまらないようにコース取りしながら、みなさん頑張ってました。

2016ISFチャンピオンシップレース川の中


2016ISFチャンピオンシップレース・スタート


2016ISFチャンピオンシップレーススタート空撮
 

こちらは6劼離船礇鵐團腑鵐轡奪廛譟璽后3いら川に入っていくコースで、各地から集まった強豪レーサーが白熱するレース展開を見せてくれました。今回は海外からBernd Roediger選手が招待選手としてではなく一般参加して、大会を盛り上げていました。

2016ISFパーティー


そして、選手お待ちかねの夜のパーティーでは、表彰式や地元の方々によるエイサーや芸の披露があり、この大会の名物「SUP盛り!」が昨年よりパワーアップして登場しました。

2016ISFダウンウインド


翌日に開催のダウンウィンドレースは、夜中から降る続く強い雨・風で心配されましたが、無事に開催され、参加したみなさんは天気なんて関係なく楽しんでいらっしゃいました。

来年は更なるエントリー希望者の増加が考えられますが、みなさん是非参加されてみてはいかがでしょうか?オススメの大会です♪

さて、みなさまのショップ様でも開催されるレースなどたくさんあると思います。
大会告知などお手伝いさせていただきますので、ぜひぜひ情報をお寄せ下さい♪
大会・イベント、みんなでたくさんSUP業界を盛り上げていきましょー!!



windsurfing_japan at 15:03│Comments(0)clip!スタッフ AYA 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事
QRコード
QRコード